とれまがファイナンス - 東証次世代システム arrowhead に迫る 中編 - 特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る

2010年1月4日から運用開始の、東証次世代システム arrowhead に…

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > コラム > 特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る > 東証次世代システム arrowhead に迫る 中編

特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る

特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る 三空

2010年1月4日から運用開始の、東証次世代システム arrowhead に迫ります!おなじみ三空が東京証券取引所様に突撃取材を敢行!トレーダー必見です!!!

12月15日 11時00分

東証次世代システム arrowhead に迫る 中編

(三空)それは約定が非常にスムーズになりそうですね。この連続約定気配という新制度を導入されたのは何故ですか?

市場監理を行う立場の取引所としては、投資者保護の観点から市場の価格が急激に変動することは望ましくないと考えています。このため、緩やかに価格形成がなされ価格の連続性が保たれるよう、一度に変動可能な値幅を更新値幅などの仕組みによってコントロールできる制度を採用しています。つまり、少々の需給の偏りのためにいきなりストップ高やストップ安まで価格が急変動することで市場利用者を混乱させることのないよう、更新値幅の2倍で連続約定気配が発生する仕組みにしたわけです。

それと、連続約定気配で値動きが一時的に止まる事で、反対注文を呼び込めますし、万が一誤発注だった場合には注文を取り消す時間も確保できます。この仕組みは投資家保護を図る意味でも非常に意義があると考えており、東証が世界に先駆けて採用する制度です。

海外市場はストップ高、ストップ安もありませんし、こういった制度もありませんので値動きが「ドタバタ」しています。arrowheadで約定処理など瞬間のスピードは速くなりますが、1つの注文ならば、急激な価格変動はある程度抑制して連続的に価格形成されるようにしています。

(三空)1つの注文でということは、例えば、複数人が成行注文を出して、結果的に大きく値動きする場合はどうなるのでしょうか?

その場合、連続約定気配は表示されません。今回の連続約定気配は、ザラ場において、あくまでも1つの注文で連続約定する場合に表示される仕組みです。分割した細かな注文や複数の投資家によって出された注文による値動きの場合、それらは成行・指値注文の別にかかわらず即時約定します。

例えば、現在10ティック価格変動するのに30秒要しますが、arrowheadではほぼ即時です。arrowheadはミリ秒単位で約定通知まで処理する能力がありますので、約定に加えて値動きについても速くなる可能性があります。

(三空)板の表示や値動きも現状とは大幅に変わりそうですね。楽しみです。このarrowheadは来年2010年の大発会から稼働するとお聞きしていますが、個人投資家は各証券会社を通じて注文する事には変わりないと思います。各証券会社はarrowheadに対応するのでしょうか

arrowheadの稼働日は2010年1月4日の大発会を予定しており、そこに向けて各取引参加者に対応して頂いているところです。既に接続テスト等も開始しており、進捗が遅いと思われる取引参加者については、ヒアリングなどを通じて対応を促しています。現時点でどの取引参加者も対応可能と認識しています。

なお、今年の12月30日の大納会からは、半日立会ではなく通常営業日と同様、終日立会となります。大発会の1月4日もarrowheadを通じて丸1日売買できるようになります。ニューヨークなどの海外主要市場は12月31日も営業しており、以前から市場利用者から要望がありましたので、今年から対応することになりました。

この記事へのコメント(0件)

この記事へのコメント
名前 12文字以内
URL
コメント 300文字以内 必須

タグは使用できません。

市況概況ニュース

一覧

IPO情報

公開日

社名

市場

コード

11月20日

M&Aキャピタルパートナーズ

東証マ

6080

11月20日

メディアドゥ

東証マ

3678

11月19日

ANAP

JQ

3189

10月23日

アライドアーキテクツ

東証マ

6081

10月22日

システム情報

JQ

3677

10月21日

じげん

東証マ

3679

10月08日

エナリス

東証マ

6079

一覧

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2020 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.