とれまがファイナンス - 6/17の相場見通しと重要イベント - 格差社会と闘う投資術

機関投資家としてガッチガチのファンダメンタル投資を経験後、…

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > コラム > 格差社会と闘う投資術 > 6/17の相場見通しと重要イベント

格差社会と闘う投資術

格差社会と闘う投資術 さふぁいあ

機関投資家としてガッチガチのファンダメンタル投資を経験後、何故か短期のデイトレードをしている異色のトレーダー。自ら考え、格差社会と闘う術を学ぼう!

06月17日 07時31分

6/17の相場見通しと重要イベント



日本では日銀金融政策決定会合イベント日、2社決算予定。
中国、欧州では重要指標なし。
アメリカでは鉱工業生産と景気先行指数の発表。


昨日の日本市場は大幅GU寄りとなったが、終日ジリ下げ値動き。
日経、TOPIXともプラスで終わったが現物は大半が陰線となっている。
セクターでは自動車、不動産、鉄、銀行が上昇、海運は下げ。
欧州時間に入り、スイスとイギリスが利上げ発表。
その後世界的に株式市場の雰囲気が悪化し、そのまま米指数も下げ。
為替は円高、CMEは800円超の下げと完全に昨日の上げ分は消え去った。
日本は26000円節目を下回る水準からの寄り付きとなる。
利上げだけでなく海外の景気後退が伴うなら株式市場は長期の低迷期に。
日本だけがバラマキ金融政策が続くが、インフレ加速は起きるのか。
新興市場はマザーズ指数が1.3%の続落。
新興も寄りは強かったが時価総額上位を中心に陰線銘柄続出。
エニーカラーのみがさらに大きく上昇、時価総額は2645億円まで拡大。
浮動株が吸収されやや投機的な値動きに突入しているようにも見える。


 

この記事へのコメント(0件)

この記事へのコメント
名前 12文字以内
URL
コメント 300文字以内 必須

タグは使用できません。

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

株式ニュース

一覧

新着一覧

市況概況ニュース

一覧

IPO情報

公開日

社名

市場

コード

11月20日

M&Aキャピタルパートナーズ

東証マ

6080

11月20日

メディアドゥ

東証マ

3678

11月19日

ANAP

JQ

3189

10月23日

アライドアーキテクツ

東証マ

6081

10月22日

システム情報

JQ

3677

10月21日

じげん

東証マ

3679

10月08日

エナリス

東証マ

6079

一覧

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.