とれまがファイナンス - 聖杯 Part1 - とれまがで芋ほり

お芋さんが、ついにとれまがで芋ほり開始!!現在、システム+…

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > コラム > とれまがで芋ほり > 聖杯 Part1

とれまがで芋ほり

とれまがで芋ほり お芋

お芋さんが、ついにとれまがで芋ほり開始!!現在、システム+アナログの新スタイルトレードを模索中。必勝トレード手法確立なるか!?

08月17日 15時48分

聖杯 Part1

THE HORY GRAIL
聖杯、なんとも響きがイイ!w

リンダとラリーが、冗談のつもりで付けたという通り、けっして聖杯といえる代物ではないですが
なかなか面白い技法なので紹介したいと思います。
以下、”魔術師リンダラリーの短期売買入門 PanRolling”から引用

買いのルール(売りのルールはその逆)

1.まず初めに14期間ADXが30以上になり、上昇中でなければならない。このことが強い上昇トレンド中であることを知らせてくれるのである。

2.20期間の指数移動平均線に向かって、押しが入るところを探す。普通、その押し目はADXの反転とともに生じるであろう。

3.価格が20期間の指数移動平均線に触れたとき、逆指値の買い注文を前日の高値に置く。

4.注文が通れば、防御のために損切りの売り注文を、直近の押し目底(スイングロー)に置く。利益を確保するため、仕切り注文のあとを追わせ、直近の高値での手仕舞いに目を向ける。もしマーケットが続伸するかもしれないと考えるならば、ポジションの一部を直近の高値(スイングハイ)で手仕舞い、残りのポジションの仕切り値を現在値に引き付ける。

5.もし損切りとなれば、元の価格に再び逆指値の買い注文を置き、このトレードを仕掛ける。

6.トレード成功後、次のトレードを可能にするには指数移動平均線への押しが入る前に、ADXがもう一度、30以上になっていなければならない。

次ページでADX と指数移動平均線について説明します。
 

この記事へのコメント(0件)

この記事へのコメント
名前 12文字以内
URL
コメント 300文字以内 必須

タグは使用できません。

株式ニュース

一覧

新着一覧

市況概況ニュース

一覧

IPO情報

公開日

社名

市場

コード

11月20日

M&Aキャピタルパートナーズ

東証マ

6080

11月20日

メディアドゥ

東証マ

3678

11月19日

ANAP

JQ

3189

10月23日

アライドアーキテクツ

東証マ

6081

10月22日

システム情報

JQ

3677

10月21日

じげん

東証マ

3679

10月08日

エナリス

東証マ

6079

一覧

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2022 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.