とれまがファイナンス - 東証次世代システム arrowhead に迫る 後編 - 特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る

2010年1月4日から運用開始の、東証次世代システム arrowhead に…

とれまが - 個人ブログがポータルサイトに!みんなでつくるポータルサイト。CFD・FX・株式投資の投資情報ファイナンスポータルサイト-とれまがファイナンス

とれまが > ファイナンス > コラム > 特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る > 東証次世代システム arrowhead に迫る 後編

特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る

特別企画:東証次世代システム arrowhead に迫る 三空

2010年1月4日から運用開始の、東証次世代システム arrowhead に迫ります!おなじみ三空が東京証券取引所様に突撃取材を敢行!トレーダー必見です!!!

12月22日 11時00分

東証次世代システム arrowhead に迫る 後編

(三空)先ほど自動売買というお言葉が出ましたが、完全な自動売買等も今後はオープンに受け付けるという事なのでしょうか?株の自動売買について、東証様としてはどうお考えですか?

現在でも自動売買はあります。注文を小口分割して発注する機能など、複雑な発注機能が高度化していくのではないかと考えています。ただし、どんな状況であれ東証に発注するのは取引参加者です。その取引参加者である証券会社に法令や取引所規則による注文管理義務が課されますので、どんな注文を出しても良いわけではありません。

現在、法令で空売りの規制がありますが、そうした規制に関する遵守状況の確認は証券会社がやらなければならない事になっていますし、注文発注管理等も証券会社が行うことになっています。その一方で、取引所においてもチェックを行うようにしています。例えば、上場株式数の30%を超えるような大きな注文が一度に発注されてきた場合は、売買システムにおいて注文を受け付けないというような機能があります。いずれにしても、まずは証券会社が顧客注文を適切に管理することが前提になります。

取引自体について言えば、自動売買も含めて、様々な方が市場に参加し、取引が増え、流動性が増す事が重要と考えています。最近は株価も以前より低迷しているので、個人の取引が減っていますが、流動性の面でも個人投資家を含めたより多くの投資家の方々に是非とも参加して頂きたいと思っています。

現在の日本の市場には売買システムの処理速度が遅いから参加しない、といった投資家もいるそうなので、そういう方々にも利用して頂きたいと考えています。また、今現在も取引されている投資家の方々も、取引がしやすくなると思いますので、arrowheadにはぜひ期待して頂きたいです。

この記事へのコメント(0件)

この記事へのコメント
名前 12文字以内
URL
コメント 300文字以内 必須

タグは使用できません。

人気ワード

ホットワード

市況概況ニュース

一覧

IPO情報

公開日

社名

市場

コード

11月20日

M&Aキャピタルパートナーズ

東証マ

6080

11月20日

メディアドゥ

東証マ

3678

11月19日

ANAP

JQ

3189

10月23日

アライドアーキテクツ

東証マ

6081

10月22日

システム情報

JQ

3677

10月21日

じげん

東証マ

3679

10月08日

エナリス

東証マ

6079

一覧

とれまがファイナンスは、FXOnline Japan、時事通信、フィスコ、カブ知恵、グローバルインフォから情報提供を受けています。当サイトは閲覧者に対して、特定の投資対象、投資行動、運用方法を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

とれまがファイナンスは以下のスポンサーにご支援頂いております。

IGマーケッツ証券 インヴァスト証券 ゆたか証券 カブドットコム証券 ドットコモディティオンライン 岡三オンライン証券 フォレックスドットコム

松井証券 ひまわり証券 オアンダ ジャパン FX PRIME SAXO BANK 外為ファイネスト アヴァトレード

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.